上司への片思いを成就させる

上司への片思いを成就させる

同じ職場で毎日一緒に働いている中で、上司に対して恋心を抱いてしまうという人もいます。
上司との恋愛を実らせる可能性は、十分にあります。
上司が独身で彼女がいないという場合は、仕事に忙しくなかなか恋愛をする機会がないという場合が多いです。
そんな時に職場にいる部下は、恋愛対象になるのです。
では、どのようにアプローチをしたら良いのでしょうか。

 

 

仕事に打ち込む姿勢を見せる

あなたがおしゃれなどに気をつけて女性として魅力的であったとしても、上司は仕事を通してあなたを見ます。
かわいいけれども仕事がいい加減だと、恋愛対象にはなりません。

 

仕事に一生懸命に打ち込むことにより、頑張っている姿勢を上司に見せましょう。

 

そういったあなたに対して、上司は素敵だなと思う様になるでしょう。

 

また仕事の質問や提案などを上司にして、上司と関わる機会を増やしていきます。

 

 

上司のことをたてる

男性は女性にほめられたり、たててもらったりすると、嬉しく感じる生き物です。

 

その女性に対して特別な感情を抱くようになることもあります。

 

「○○さん、さすがですね。」「○○さんのおかげで上手くいきました。」など、日ごろから
相手が嬉しくなるような言葉をかけるようにします。

 

 

好意を伝えるタイミングを探る

上司に好きだという気持ちを伝えるタイミングには、慎重になる必要があります。

 

振られてしまった場合でも、毎日職場で顔を合わせる必要があるので、そういった場合にも仕事を続けていく覚悟を持たなければなりません。

 

成就する可能性が低いなと思う時は、まだ告白するタイミングではありません。
距離を縮めながら、慎重に様子を見ていきます。

 

 

他愛もないメールはしない

上司の連絡先を知っている場合には、日常的にメールやラインをしたいと思うのはわかります。
しかし仕事に関係のないメールを送られても、上司は困ります。
連絡をする時は、仕事に関する内容にします。

 

自分から好意を伝える場合には、相談があるなどして食事に誘うなどがお勧めです。
あなたの気持ちが軽いものでなく、真剣に思っているということがわかるように、直接思いを伝えた方が効果的です。

 

 

おわりに

社会人になってから一番多い出会いは、職場です。職場恋愛から結婚に至るカップルが多いことを考えても、上司との恋愛を成就させることは不可能ではないことがわかると思います。

 

失恋した時のリスクは大きいので、上司の気持ちが自分に向いてきているか、告白が成功しそうかなどを慎重に確かめて
タイミングを見て告白しましょう。

 

人気記事一覧