70代、元大学教授|親子以上に年の差のある元教え子にクラクラになる

「大学の同期会にいったんだけどさ。他の連中の情けないことったらないよ。病気の話と葬式の話、嫁さんのグチしか言わねーの。彼女がいねーからああなっちまうんだよなぁ。話すことも3年前の同期会で話た内容と一緒だしよお。」

大学時代の恩師とは、卒業してからも電話や手紙で連絡を取り合うような仲だったんです。私が1回目の結婚をしたときも、両手で喜んでくれて。子供が幼稚園に入園するときにお祝いをくれたりもしてたんです。

だから、この時の電話でも

「あー、教授、彼女いるんだなぁ。やっぱ、元大学教授ってモテるんだろうなぁ。奥さんに先立たれてから、私に連絡してくる頻度も上がってたから心配してたけど、彼女がいるなら安心だなぁ」

って思ってたんですよね。

まさか、その『彼女』が私のことをさしてるだなんて夢にも思いませんでしたよ。はい。だって、こっちはお世話になった恩師がボケないようにと思って電話やら手紙のやり取りをやってたわけで。

子供に「今くらいの年齢なら、こんな絵本もよかろう」「絵本でも買ってあげなさい」って絵本や図書カード(500円)をもらったときも、「うちの子供のことも孫のように可愛がってもらって、ありがたいなぁ」くらいにしか思ってなかったんです。

だってそうでしょう。私と元教授の年の差40歳近いんですよ!?教授には、私よりちょっと下くらいのお孫さんがいましたし、子供は私より一回り近く上。そんな年の差があるのに、恋愛対象になってるだなんて思いたくない。

それに、元大学教授(しかも理系)ともあろう理知的な方が!手紙や電話のやり取りをするだけの女(実際に会って食事をすることもない)に恋愛感情を持つだなんて思えないじゃないですか…。

 

この話は、大学時代の恩師(元教授)にせまられた、今でもちょっぴりトラウマな話。

電話と手紙だけのやり取りだけをずーっと続けていたら、今でもやり取りがあったんだろうけど、さすがにあんなことされちゃ連絡断ちますよ…。

何回かに分けてアップするので、ちょっと聞いていってくださいな。

コメント